toggle

K14GFとは

Atelier Yuu* のアクセサリーで、主に使用している金属に「K14GF」がございます。

K14 Gold filled (14金ゴールドフィルド)を略式表記したもので、14金張り製品のことを指します。

金メッキ製品と混同されやすいのですが、例えば14金メッキは「K14GP」と表記され、K14 Gold plated (14金ゴールドプレーテッド)のことで、表記はとても似ていますが別物です。

では、「K14GF」とはどういったものなのかご紹介していきましょう。

まずベースとなる金属には、真鍮が使われています。そのベースの真鍮に、K14を高熱と圧力で圧着したものがゴールドフィルドです。

K14の重量が、真鍮を含む総重量の5%以上である場合に、K14 Gold filled (14金ゴールドフィルド)といいます。

金メッキは、極薄い金の皮膜によるものなので剥がれやすいというデメリットがありますが、「K14GF」は、金メッキよりはるかに厚い層の金が張ってある状態なので、通常のご使用で剥がれることは殆どありません。

ベースの真鍮が露出することは殆ど無いため、14金と同様にアレルギーが比較的起こりにくい素材といえます。
※体質には個人差があり全ての方にアレルギーが起こらないということではありません。

価格がお手頃であるにも関わらず、見ためはK14の輝きを放ち高級感があります。金価格が高騰している現在、K10 や K9 と並び非常に人気のある素材で、認知度も上がってきました。

10年前くらいは、限られたお店でしか入手できず、パーツ屋さんに問い合せても、「何ですか、それ?」という感じだったのですが、今では取扱い店も増え、パーツの種類も豊富になりました。

欧米では昔から親しまれてきた素材であり、アンティークの時計やジュエリーによく「K14GF」が用いられています。アクセサリーというよりは、ジュエリーとして扱われることも多いようです。

K18 や K14 等と同様に空気中に含まれる物質との化学反応や、汗や汚れの影響で、輝きが鈍ったり変色することがあります。

変色防止のためには、お手入れが大切です。使用後は柔らかな布で拭いてから保管し、定期的に洗浄をしていただきますと、永く輝きを楽しむことができます。
(お手入れについては、Triviaコンテンツ内にUpします。)

「どうやらK14GFは、お手頃な価格なのに、なかなか高品質な素材らしい!」

ということは、伝わりましたでしょうか?

ぜひAtelier Yuu*で、K14GFのお気に入りアクセサリーを見つけてくださいね。

トリヴィア-trivia に戻る