toggle
2022-03-04

コレクションしていた天然石を一粒ピアスにリメイク

天然石やアクセサリーパーツが大好きなお客様より、裸石のまま保管されていた天然石をお預かりし、一粒ピアスにリメイクさせていただきました。

ついつい、キレイな天然石や面白いパーツがあるとたくさん買ってしまうそのお気持ち、私も同じなので、とてもわかります。コレクションされたものたちを眺めるのは、嬉しく癒されますものね。そして、それが凄くお気に入りで、とっておきの逸品であればあるほど、大事にしすぎてしまい長い間眠らせてしまったりもして。

今回は、そんなお気に入りのひとつ。青紫の美しい石をお持ちいただきました。

お客様からこちらの青紫の天然石はアイオライトとお聞きしています。深みのある煌めきがとても美しいですね。画像では大きく見えるかもしれませんが、大きい方は直径4mm、小さい方は直径3mmです。

石の外周を、ぐるりとメタルでひと回り覆うように留めているデザイン(ベゼルセッティング)がお好きとのことで、14kgf製ののポストピアス枠を利用したリメイクを希望されました。ちなみに「ベゼル」とは、「枠」や「額縁」を意味する言葉です。

本来、このメタルで外周を覆うように留めるデザインは、宝飾加工の職人さんが地金を叩いて留めていく専門の技法を要する留め方です。日本語では、「覆輪留め・フクリンドメ」「伏せ込み・フセコミ」などと呼ばれる石留め技法です。石の外周より少し背の高い地金を僅かに倒し込み、綺麗に磨いて仕上げます。爪留めとは違い、まるで石を留めるものが何も無いように滑らかで、お洋服などに引っかかる心配もなく、何よりシンプルで人気があります。

今回は、その熟練の技を要する留めの美しさを、簡単に表現できるように工夫された空枠を利用しております。14kgf製でお手軽にリメイクすることが可能なんです。どういう原理で実現しているかというと。。。外周のつるりとした石を覆う部分は元々の空枠のデザインのままです。裏から石をはめると、石が飛び出ないようにハマるようになっています。そして、石のお尻部分を裏から支えるような4本の爪があり、その爪を倒して留めているのです。次の画像をご参照いただくと、お分かりいただけるでしょうか。よく考えられていますよね。

※画像は今回のリメイクと石違いのものになります。

余談ですが。。。この枠を使うときは、ジュエリーの専門校に通っていたときに、覆輪留めの課題に取り組んでいたことを懐かしく思い出します。小さな金槌を使いをコツコツと叩いて留めていた感覚とか蘇ってくるんです。もう20年以上も前のお話ですが^^

ピアスとして生まれ変わった天然石。やっぱりいきいきとした煌めきを放ち始めていますよね。お気に入りのデザインで生まれ変わった天然石。末長くご愛用いただだけましたら嬉しいです!オーダー、誠にありがとうございました。

  • お持ち込み品:青紫色の天然石(鑑別はしておりません。)
  • 14kgf製のベゼルポスト枠へセッティング
  • 参考リペア価格 1ペア3,000円前後〜

※デザインにつきましては、おおまかなご希望のみお伝えいただき、基本的にお任せいただく形を取らせていただいております。

↑↑ オーダー・リメイク&リペア事例紹介はこちら ↑↑

<Ramake0017&0018>


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA